こんにちはキックです。

今回はめんつゆを使いフライパンで手軽に作る肉じゃがを紹介します。

肉じゃがとは

肉じゃが。

日本人なら誰もが一度は食べたことがあると思います。

ホクホクのじゃが芋に甘辛いお出汁がしみて美味しいおふくろの味!

というイメージが強いのではないでしょうか?

実は西洋から由来した料理と言われています。

肉じゃがに使われる材料はじゃが芋、人参、玉ねぎ、肉…ある料理と似ていませんか?

そうシチューです!!

日露戦争の英雄、東郷平八郎さんがイギリス留学中に食べたビーフシチューを非常に気に入り帰国後も艦上食として食べるために海軍の料理長に作らせたそうです。

料理長はビーフシチューを食べたことがなく、デミグラスソースなど必要な調味料もなかったのでしょう油や砂糖で味付けしたものが以外と美味しく世に広まったものが肉じゃがと言われています。

ご自宅でよく作られるカレーとも材料がほとんど一緒なので肉じゃがをレパートリーに加えておくと材料の使いまわしもできて便利です。

豚肉派?牛肉派?男爵派?メークイン派?

結論から申しますとどの組み合わせでもおいしく作れます。

一般的に東日本では豚肉、西日本では牛肉を使うようです。

僕は神奈川県出身なので母も豚肉使っていましたし、今回のレシピも豚こま切れ肉を使用します。

妻は神戸関西出身なのでやはり牛肉を使った肉じゃがになじみがあるようですが家計のために安価な豚肉を使うようになったようです。

日本のじゃが芋の2大品種といえば男爵とメークインですが、男爵はでんぷん質が多いため煮崩れしやすいためコロッケやポテトサラダなど潰してつかう料理に向きます。

一方メークインは粘質で煮崩れしにくいのでカレーやおでんなどの煮物に向きます。

「肉じゃがは煮物だからメークインがいいんじゃないの?」

と思った方も多いと思いますがレシピ検索をしてみるとホクホクさを出すために男爵を使ってる方が多いようです。

今回のレシピでは頂き物のがたくさん余っていたので男爵を使用します。

これから材料の紹介を致しますが豚肉と牛肉、男爵とメークインは好みにあわせて変えていただいても全く問題ありません!

材料4~5人分と必要な器具

  • 玉ねぎ 2個
  • 人参 1本
  • じゃが芋(男爵) 3個
  • 豚小間切れ肉 350g
  • 糸こんにゃく 1パック
  • サラダ油 小さじ1
  • そばつゆストレート 300cc(めんつゆストレートでもよい。)
  • 砂糖 大さじ2
  • きざみねぎ 適量
  • アルミホイル 適量
  • 直径30cmのフライパンとそれに合うフタ
  • 竹串または爪楊枝 1本
じゃがいも 玉ねぎ 人参 豚小間肉 きざみねぎ そばつゆストレート
糸こんにゃく
集合写真にいなかった糸こんにゃくです!

下ごしらえ

玉ねぎはへたと皮を除き4等分のくし切りにし根元の部分を除いてからさらに2等分のくし切りにします。

人参とじゃが芋は皮を剥き、一口大の乱切りかぶつ切りでも構いません。

じゃが芋より人参の方がかたく火通りがわるいので、じゃが芋を人参よりひとまわり大きく切るのがポイントです。

じゃが芋は余計なでんぷんとあくを除くためお水に漬けます。

長くても5分くらいで十分です。

加熱する前にざるで水気を切っておきましょう。

じゃがいも 人参 玉ねぎの切り方

糸こんにゃくは独特の生臭さがあるのでざるとボールを使い、湯沸かしポット(オシャレに言うと電気ケトル)で熱湯をまわしかけ水気をきっておきます。

鍋で湯がいてもいいんですが別の鍋を出すのも面倒ですしスーパーで買ってくるこんにゃくやしらたきのほとんどあく抜き不要のものなので湯をまわしかけるだけで十分臭みがとれます。

糸こんにゃくを熱湯にさらしく臭みを除いているところ

加熱調理

フライパンに小さじ1のサラダ油を引き、中火で豚小間切れ肉を炒めます。

肉の生の部分がなくなってきたら玉ねぎ、人参、じゃが芋、糸こんにゃくを加え強火で玉ねぎがしなしなになるまで混ぜ炒めます。

火加減は中火のままで大丈夫です。

フライパンで豚小間肉を炒めているところ
フライパンで豚小間肉を炒めているところ
じゃがいも 玉ねぎ 人参 糸こんにゃくを同時に加えたところ
じゃがいも 玉ねぎ 人参 糸こんにゃくを同時に加えたあと炒めているところ

玉ねぎがしんなりしてきたら市販のそばつゆ(ストレート)を300cc加え、強火で沸騰させます。

水分を加えてからは煮崩れを防ぐため混ぜるのをやめてください。

煮汁を沸騰させている間にアルミホイルで落としぶたを作ります。

作り方は簡単でアルミホイルをフライパンの大きさにくらいに切り、お箸を突き刺して15か所くらい穴を開けるだけです。

煮汁が沸騰したら写真の様に具材の上に貼り付けるようにします。

落しぶたをすることにより煮汁につかっていない部分にも煮汁を行き渡せることができ、少ない調味料で煮ることができます。

落しぶたをして加熱しているところ

火通りをよくするためにさらにフライパンにふたをします。

火加減を弱火にして12分煮ます。

野菜の大きさや切り方に個人差がありますので12分後ふたを開け野菜が柔らかくなっているかどうか確認をします。

竹串か爪楊枝を一番大きい人参とじゃが芋の中心に突き刺して力を加えずにスッと刺さり、抜く時も引っかからずにスッと抜ければOK、火を止めてください。

でもこれで完成ではありません!

煮物は煮あがってすぐに食べてもおいしくないんです。

鍋止めといって、火をとめたまま10分くらい放置して下さい。

乾燥したらよくないので落としぶたのせておいたほうがよいです。

休ませている間に具材に煮汁をなじませてあげる意味があり、わかりやすくいうと次の日のカレーやおでんがおいしくなっているのと同じです。

落しぶたの上にさらにフタをしたところ
煮あがった肉じゃがを鍋止めしているところ

最低10分鍋止めをしたら器に盛り付けきざみねぎを散らして完成です。

ちなみに僕は午前中に肉じゃがを作り、夕飯時まで鍋止めして温めなおしてます!

夏場は粗熱をとり冷蔵保存するかお早めに召し上がってください。

器に盛り付けられた肉じゃが

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は手軽に作って頂きたかったのでそばつゆ(ストレート)を使いましたが、めんつゆでもそうめんつゆでもストレートであれば同じ分量でお作り頂けます。

もちろん2倍濃縮、4倍濃縮のものもお水で割って使えます。

牛肉、豚肉、男爵、メークインはお好みの組み合わせを探して下さいね!

肉じゃがのアレンジレシピ『肉さつま』も紹介していますので興味のある方はぜひ見てください!!

豚小間切れとさつまいもで肉さつま~肉じゃがのさつま芋Ver~

最後までお読み頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加していますのでよろしければポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村