こんにちはキックです。

今回は僕が禁煙に成功した方法について書いてみたいと思います!

いつも簡単簡潔レシピを紹介しているのですが、料理を作らない日が続くとなかなか記事を投稿できないので自炊レシピと関係ない記事も書いてみようと思いました。

新たに『雑記』というカテゴリーを作りましたし、タイトルの頭にも(雑記)と入れるようにしますので興味のない人は読み飛ばしてください!!

僕の喫煙歴と周りの環境

僕は20歳から32歳までの12年間、ほぼ毎日10本のタバコを吸っていました。

この記事を書いている現在34歳です。

お酒の席では本数が増えるので1日20本の時もありましたし、逆に体調不良の日や長時間交通機関を利用する日なんかは1日5本の時もあったので平均で1日10本としておきます。

両親も同居していた祖母も喫煙者で、物心ついた時から『大人はタバコを吸う』と思っていましたし、男性がタバコを吹かす姿は渋くてカッコいいとも思っていました。

 

実は僕、漫画ワンピースのキャラクター『サンジ』に憧れてコックになったんです(笑)

サンジがいつも咥えタバコをしている姿がカッコよかったんですよねぇ。(海外版ではチュッパチャップスみたいな飴を咥えているみたいです。)

ちなみに僕は25歳で結婚しましたが、妻はタバコが大嫌いで喫煙者は恋愛対象外です。

なんで結婚してくれたのかなぁ?(笑)

以上ざっくりと僕の喫煙歴と周りの環境でした。

喫煙は百害あって一利なし!そんなことはわかってる。

喫煙が体に悪いことは周知の事実です。

自分の体のことは置いといて受動喫煙で他人に迷惑をかけるのは非常によくないなと思っていました。

あとは経済面ですよ、子供の頃父におつかいを頼まれて買ってきたタバコは1箱200円代でした。(当時は年齢認証なく購入できました)

それが今では1箱約500円です、1日10本吸っていたら2日で1箱消費します。

ということは仮に1箱500円としても1日250円消費しているわけですから一か月で7500円になります。

1日1箱吸っている方なら一か月で15000円の出費です、僕のお小遣いと同じ額です(泣)

それから部屋や衣服にこびりつく匂いは喫煙者であった頃でも臭いと感じていました。

通りすがりのおじさんがめちゃめちゃタバコ臭くて自分も同じ匂いを発しているのかと思うと恥ずかしくて「タバコ辞めよう」とその瞬間は思ってました。

ここまでをまとめると「喫煙はお金をかけて不健康になりながら臭くなり、しかも周りの人も巻き添えにする」というまさに百害あって一利なしな行動といえます。

がしかし、わかっちゃいるけどや~めら~れない♪

僕もどうせやめられないし、一生吸い続けるんだろうなと諦めていました。

ですが奇跡的にやめれたんですよ!

意図した訳じゃなく偶然起こったことなんですが、みなさんの参考になるよう説明したいと思います。

禁煙を決意して実践する時に僕の身に起こっていたこと!

では、禁煙を決意して実践する前日と当日に何があったか順を追って説明していきます。

まず前日からです。

前職の上司と同僚に誘われ飲みに行っていました。

19時過ぎから24時近くまで飲んでましたね、タバコも相当吸っていたと思います。

フラフラになりながら終電で帰り就寝しました、ここまでが前日にあったことです!

翌日(当日)、僕は仕事が休みでしたが、妻は出勤日でしたので、朝食を作ったり子供たちを送り出すために6時半に起床しました。

お察しの通り酷い二日酔いでした(泣)

頭痛と気分の悪さでめちゃめちゃしんどかったです、子供がいなければ100%ずっと寝てましたね!

8時半過ぎに子供たちを送りだし、やっと落ち着いたのでベランダで一服しようと思いタバコを取り出すとラスト1本でした。

「今日はタバコを買いに出るのもしんどいなぁ..」と思いながらタバコに火をつけて煙を吸い込むと予想はしておりましたがクソまずかった!

今までも二日酔いで喫煙したことはありましたが、ラスト1本というのは初めてでした。

次の瞬間、ライターと携帯灰皿をゴミ箱に投げ捨て「タバコは二度と買わん」と心に誓ったのでした。

タバコに火をつける寸前まで禁煙するつもりなんてまったくなかったので不思議でしたが体が勝手に動いたんです!

ここまでが僕の身に起こったことです。

更に翌日体調が回復してから・・・

「タバコは二度と買わん」と決意して次の日になり、二日酔いもすっかり治りました。

通勤途中、いつも喫煙をしていたタイミングですっごい吸いたくなりましたが手元にタバコもライターも携帯灰皿もないので吸うことができません。

とりあえずコンビニでガムを買って気が紛れるまで噛み続けました。

昼食後や休憩時間、やはりいつも喫煙していたタイミングですっごい吸いたくなりましたが気が紛れるまでガムを噛み続けました。

帰り道も夕食後も同様です。

1日タバコを我慢できたことが僕にとっては奇跡に等しかったので「このチャンスを逃すまい」と次の日も、その次の日もガムを噛み続けたのでした。

3日、1週間、1か月、3か月、半年過ぎ・・・

禁煙して3日過ぎたくらいから、どこまで記録が伸ばせるかと自分の体に起きる変化が楽しみになってきました。

2週間過ぎた頃からガムもほとんど噛まなくなりました、噛み過ぎて飽きたんだと思います。

禁煙すると太るとか、ご飯がおいしくなるとか、肌がキレイにとか聞きますが僕にはあまり違いが現れなかったように思います。

若干肌がキレイになったような気がする程度です。

僕はタバコが嫌いになった訳ではないので、一生吸わないのはちょっと寂しいとも思っていました。

4ヶ月~半年に一回くらいでしょうか、いつも決まった人となんですが飲みに行くことがありました、その人も元喫煙者です。

実はその時だけは解禁していました。

二人でタバコやライターを購入し、余ったら捨てて帰っていました。

余らすとまた吸い続けてしまいそうだから自分で持たないようにしていた訳です。

結局タバコ吸ってしまったのですが、吸わないのが日常で特別な日に2~3本吸うくらいにはなれました、年間で1箱も吸ってないと思います!

こうして約一年半、一応禁煙できています。

カッコ良く5ステップにすると!

  1. タバコの残数を少なくして(ラスト1本が理想)ひどい二日酔いになり、喫煙する。まずいと感じたら2へ進む!
  2. ライターや携帯灰皿などタバコ関連の物を直ちにすべて捨てる
  3. 吸いたくなったらひたすらガムを噛む
  4. 禁煙記録更新と体に起こる変化を楽しむ
  5. 4か月~半年の間をあけ1日2~3本解禁してもよしとするが、タバコ関連のものはその日に処分する

カッコ良く5ステップにしてみましたが、1の条件を満たすことが一番難しいと思います!

僕はたまたまクリアできたので次のステップに進めました。

二日酔いに限らず体調不良の時は喫煙してもマズいのでその時を狙うといいかもしれません。

また、タバコは買い置きせず、なるべく1箱ずつ購入するとチャンスが広がります。

1を突破して2に進めればかなりの確率で禁煙できると思いますので自力で禁煙したいという方はぜひチャレンジしてみてください。

実は・・・

実は禁煙に成功してから1年半を過ぎた頃、貰いタバコがきっかけでタバコを吸うようになってしまったんです(泣)

原因としては禁酒にチャレンジ中だったので欲求が喫煙へ向かってしまったのではないかと考えています。

吸い終わったあとの罪悪感と「タバコ臭っ!」という思いに駆られながら1ヶ月くらい吸い続けてしまいました。

一度辞めれたんだから辞めれるはず!と思い、まずしたことはタバコとライターを捨ててガムをひたすら噛み続けるということでした。

5ステップの2と3です。

結果すぐに辞めれました(禁酒も継続中)

ガムは最強の禁煙グッズかもしれません!

ちなみに僕が噛んでいたガムはキシリトールガムやクロレッツなどのスーパー、コンビニで売られているものですのでコスパもよいです。

最後に

参考になりましたでしょうか?

僕が自力で禁煙に成功した方法でした。

禁煙するメリットって色々なメディアで言われていますが、現在僕が得たメリットは『タバコ臭くなくなったこと』と『お小遣いが浮いたこと』ですかね。

健康面に関してはこれから生きてみないとわからないです。

ただ人生100年時代と言われているので老いてからも元気でいないと何かと辛いだろうと思って禁煙を継続していくつもりです、子供たちとまだ見ぬ孫たちを見守っていたいですし!

当ブログは料理ブログなんですけどたまにはこういった雑記事も書かせて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加していますのでよろしければポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村