神戸の名産イカナゴの釘煮(くぎに)

こんにちはキックです。

皆さんイカナゴの釘煮をご存知でしょうか?

淡路島から阪神地区にお住まいの方は毎年初春に召し上がっているかと思いますが、簡潔に説明しますとシラスの様な幼魚の佃煮です。

折れ朽ちた釘に見えることから名付けられたとか。

僕は神奈川県出身ですが長いこと神戸に住んでいますのですっかり慣れ親しみました!

が、しかし妻の実家やご近所さんからイカナゴの釘煮を頂くのでおいしいのですがけっこう飽きます。

そこで冷蔵庫に余っていたほうれん草と炒めたらなかなかおいしかったので紹介したいと思います。

材料と必要な器具

  • いかなごの釘煮 40~50g
  • ほうれん草 1パック
  • ごま油 小さじ1
  • 白炒りごま 小さじ1
  • 直径20cm程度のフライパン
材料一覧

下ごしらえ

ほうれん草を水洗いします。

特に根元には泥が多く付着しているのでボールに水を貯めザバザバとよく洗ってください。

ほうれん草の根元の写真
ボウルに貯めた水でほうれん草の根元を洗っているところ

ほうれん草の根元を除き3~4cmのザク切りにします。

ほうれん草の切り方

加熱調理

フライパンに小さじ1のごま油を加え火加減を強火にします。

フライパンにごま油を引いたところ

ごま油が温まったらほうれん草を加え炒めます、火加減は強火のままです。

ほうれん草を炒めている所

ほうれん草がしなっとしてきたら、イカナゴの釘煮と白いりごまを小さじ1加え、強火のまま手早く混ぜ炒めたら器に盛り付け完成です。

イカナゴの釘煮と白いりごまを加えたところ
完成したイカナゴの釘煮とほうれん草の白ごま炒め
器に盛り付けられたイカナゴの釘煮とほうれん草の白ごま炒め

お気付きかもしれませんが今回は塩やしょうゆを使っておりません!

イカナゴの釘煮持っている塩分だけで十分味が付いてくれます。

イカナゴの釘煮の代わりに色々な佃煮で応用できますし、ほうれん草の代わりに小松菜や豆苗を使って頂いても美味しくできます!

ぜひともお試しあれ!

ブログランキングに参加していますのでよろしければポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村