こんにちはキックです。

今回はレシピの紹介ではなく包丁の選び方、おすすめの包丁をお伝えしたいと思います。

料理を作るうえで欠かせない包丁。

大事に使えば一生、いや孫の代まで使えるんですね。

ですので高級なものとはいいませんがそこそこのものを1丁購入していただきたいと思います。

とはいっても材質、長さ、形状もお値段も様々なので何を使うべきか悩む方も多くいらっしゃると思うので元コックさんの経験を活かしてアドバイスしたいと思います。参考にしてみてくださいね!

 

材質 刃の長さ 種類と形状

材質、長さ、形状、種類によりお値段も変わってきますのでまずは家庭で使っていくうえでどんなものがおすすめかお伝えしていきますね!

 材質

まずは材質、大きく分けて鋼(はがね)、ステンレス、セラミックの3種類があります。

ステンレスが絶対おすすめです!!

理由は錆びにくく、切れ味も長く保て、研ぎ治せるからです。

鋼(はがね)とセラミックがおすすめできない理由があります。

鋼(はがね)は手入れが難しいんです。

使い方が悪いとすぐに錆びてしまいますし、切れ味が悪くなるのが早いのでこまめに研がないといけません。

しかし、めちゃめちゃ切れます!!鋼に勝るものはなしと料理長におそわったことがあります。

そう、鋼(はがね)はプロ用なんです。

もちろんご家庭で使って頂いてもいいんですが手入れがめんどくさいと思いますよ。

セラミックは軽く、ステンレスよりも錆びにくく切れ味も長続きし、さらに薄刃なので切れ味抜群です。

じゃあセラミックが最高なんじゃないの?と思われたことでしょう。

やはりセラミックにも難点があります。

それは材質が硬くしなりが乏しいため刃がかけやすい点と研ぐのが難しい点です。

専用の砥石が必要になりますし、刃がかけてしまったら買い替えが必要です。

セラミックの包丁自体は安価なものが多いですがかけるリスクのないものを購入すれば一生使え最終的にお得と言えます。

ステンレスの包丁は鋼(はがね)より切れ味が劣りますし、セラミックより切れ味も長続きしませんが錆びる、かけるといったリスクが少ないんです。

家庭で使う分には切れ味も持続力も申し分ないと僕は思います。

ですから材質はステンレスが絶対おすすめということなんです!!

 

 長さ

次は刃の長さです。

ご家庭で使うのでしたらずばり21cmです!

刃の長さは12cmから30cm以上まであり12,15,18,と3cmずつ長くなっていきます。

この中でもなぜ21cmをおすすめするのかというと、大は小を兼ねるからです。

いやいやじゃあ30cm以上を選ぶべきなのでは?突っ込みたくなったと思いますが単純に長すぎるんですよね!

24cm以上の長さですと家庭のまな板からはみ出てしまい逆に使いずらくなってしまいます。

家庭で使うMAXの長さが21cmと思ってもらえればと思います。

初心者の方は軽くて操作しやすく恐怖心も少ない短い包丁を好む傾向がありますが、スイカやキャベツ、大きなお肉の塊に遭遇した時に困ってしまいますので初めのうちに長い包丁に慣れておきましょう。

すぐに慣れますし一生使えます!!

 

 種類と形状

最後に種類と形状についてです。

絶対牛刀を選んでください!

包丁には大きく分けて和包丁、洋包丁、中華包丁の3種類があり、更にお刺身用、パン切り用、骨を叩き切るためのものだったりと用途に合わせ様々な形状に派生していきます。

その中でも牛刀がおすすめなのには理由があります。

それは肉、魚、野菜、果物、パン、巻きずしなんでも切れる万能包丁だからです。

牛刀と共に万能包丁として知られている三徳包丁というものもあるのですが三徳包丁は刃先が太く設計されているので突き刺す様な切り方が非常にやりずらいんです!!

一方牛刀の刃先はスマートです。

牛刀は万能プラス刺すことができることから三徳包丁より優れているといえます。

さらに三徳包丁の刃は長くても18cmものがほとんどです。

僕は21cmをおすすめしているのでやっぱり牛刀がおすすめということになるんですね!

以上のことからステンレス製で21cmの牛刀がいいことがわかりましたのでここで一度僕の包丁をお見せしたいと思います。

牛刀 三徳包丁 ペティナイフ 刺身包丁 ボールペン

上から24cm牛刀、18cm三徳包丁、12cmペティナイフ、24cm刺身包丁です。

材質は刺身包丁だけ鋼で、あとはステンレス。

実は僕21cmの包丁持ってないんです!

三徳包丁は妻がつかっていて、それ以外はお仕事で使っていた包丁です。

だからこそ18cmの三徳包丁の長さと刃先の太さがなんともかゆいところに手が届かない感じがして24cm牛刀を包丁ケースからひっぱり出してきたら今度は少し長くて使いずらいと思った訳です。

僕の持っている包丁の一部をお見せしましたが長さ、形状の違いが大体つかめたと思いますのでお値段について述べたいと思います。

 

どれくらいの価格帯の包丁を選ぶべきか?

包丁の価格は100均で売っているものから10万円を超えるものまで本当にぴんからきりまでです。

冒頭でもお伝えしましたが、包丁は大事に使えば一生使っていけるものですのでそこそこのものを1丁購入し使え続けていただきたいと思います。

ではそこそこのものとは一体いくらなのか?

ステンレス製 牛刀 21cmに限定して言います。

僕の見解では5000~12000円の価格帯のものがいいと思っています。

5000円以下のものは初めのうちはよく切れるけどすぐに切れなくなるナマクラ。

12000円以上のものはとてもよく切れ切れ味も長持ちするけど研ぐのも難しいプロ用。(プロはもっと長いものを使うことが多いです)

切れ味、耐久性以外にもグリップの設計などの要素もあるのですがわかりやすく説明しました。

実際ショッピングサイトで5000~12000円のステンレス製で21cmの牛刀を検索してみるとのべ1500件以上ヒットしますので、勝手に購入して間違いのない3品にしぼってみましたので紹介します。

1品目は日本のトップブランド、ミソノの包丁です。実は僕の牛刀もミソノです!この包丁は切れ味、耐久性はもちろんのこと刃の表面に溝がついていて切った野菜などがペタペタ張り付かない便利な構造になっています。僕の牛刀にはこの溝がないので羨ましいです!

 

2品目は世界で最も有名な包丁ブランド、ヘンケルスの包丁です。正式にはツヴィリング J.A. ヘンケルス。ヘンケルとかツヴィリングと呼ばれてます。ドイツのブランドなので日本の寸法と違うのか21cmが見つかりませんでした。1cm短い20cmの牛刀です。妻が使っているのはこのシリーズの18cmの三徳包丁なので購入する時に助言してあげれればよかったなぁという思いがあります!


3品目は貝印の包丁です。貝印も日本のトップブランドですが、家庭向けの商品を多くリリースしています。今回紹介する物は台所でお母さんが握っている昔ながらの牛刀。価格は1番安いですが家庭用として十分の性能です!


簡易包丁研ぎ器のすすめ!

どんなにいい包丁でも使っているうちに切れなくなっていきます。

包丁の刃はまっすぐに見えますが拡大して見ると実はのこぎりのようにギザギザになっていてそのギザギザが丸まってくると切れなくなります。

なのでギザギザをつけなおすため”研ぐ”ということが必要になってくるのですが砥石で上手に包丁を研ぐにはある程度の技術と経験が必要なんです。

僕は初心者さんに向けて記事を書いているので砥石で研ぎましょうとは言いません、簡易の研ぎ器を使うようにして下さい。

というのも自己流で砥石を使うと包丁の寿命を縮めてしまいます。

もし覚えたければ研げる方に直接指導してもらうのが1番いいです。

動画や本だけの知識で研ぐのはあまりおすすめしません!

僕も砥石で包丁研げますし、お教えしたい気持ちはあるのですが文字と写真だけでお伝えする自信がないです。

簡易の研ぎ器で十分切れますしなにしろ手軽です。

包丁を使う頻度にもよりますが2~3年すると簡易研ぎ器でも切れなくなってくるのでその時は刃物研ぎ屋さんへ持って行きましょう、1000円くらいで研いでくれます。

お近くに包丁を研げる方がいらっしゃる場合はお願いするのも手ですね。

そしてまた2~3年使い続けて下さい。

安い包丁ですとこのサイクルが早まるということです。

簡易の包丁研ぎ器も電動の物、スタイリッシュなデザインの物、10000円を超える物などけっこう色々あるのですが個人的は研げたらそれでいいと思っているのでシンプルかつスタンダートなものを1つだけ紹介しておきます。


まとめ

料理初心者さんが選ぶべき初めの包丁は、ステンレス製の牛刀!刃の長さは21cmで5000~12000円のものです。

簡易包丁研ぎも高級なものでなくていいので1つ持っておいてくださいね!

この1丁があれば大抵の家庭料理は作れます。

大事に一生使い続けて下さい。

もしももう1丁包丁が欲しい場合はペティナイフをおすすめしますが、また別の回にお話ししたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加していますのでよろしければポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村