こんにちはキックです。

2020年第一回目の投稿です、今年も宜しくお願いします!

前々から構想はしていて、いつかはと思っていたのですが、ついに衝動が抑えられず作ってしまいました。

そう、チョコミントアイスです!!

チョコミント味って好き嫌いがハッキリ別れると思うんですけど、このページに辿り着くみなさんですから全員チョコミント大好き『チョコミン党』の仲間としてぜひ最後まで読んでいって下さいまし。

僕の『チョコミント党』歴

僕が幼い頃はまだ『チョコミン党』という言葉はなかったのですが、チョコミントアイスクリームはありました。

始めて食べたのは3~4才の頃だったと思います。

今ではすっかり見かけなくなりましたが、30年前コンビニでもディッシャーでアイスクリームをコーンにのせて販売してくれるサービスがありました。

そこで見つけたチョコミント味のアイスを母が物珍しげに購入し、僕に毒味させたのが初めての出会いでした(笑)

その時からずぅーっと『チョコミン党』に所属しております!

『チョコミン党』は優性遺伝する!?

僕が30年来のチョコミン党員ということは既にお伝えしました。

しかし残念なことに妻は『アンチチョコミント』なんですよ…。

「歯みがき粉の味やん」ですって。

一緒にすんなぁ💢って感じですよ!

チョコとミントの素晴らしきハーモニーは高尚な人にしかわからないのです!!

そんなかんなでチョコミントに関して真逆の価値観と味覚を持つ僕達夫婦ですが、この夫婦から生まれた三人の子供たちは一体どーなんでしょう?

すばり結果を申しますと、三人ともチョコミン党員です!

我が子達

しかも先天性だと思われます。

僕は無理に勧めたり食べさせたりはしてないんですが、当たり前のように数あるアイスの味からチョコミント味を選んで食べていますね。

僕がお腹を痛めて産んだ訳ではないですけど確かに我が子と思える瞬間です(笑)

と、いうことは『チョコミン党』の資質って優性遺伝するのかも?と安易な考えが浮かんだこともあるんですが、そうだとしたら人類のほとんどがチョコミント好きということになってしまいます。

調べたところによると日本でチョコミント好きは約40%チョコミント嫌いは約60%だそうです。

優性どころか少数派みたいです😨

人生初のアイスクリーム作りがチョコミント味!!

僕、もともと料理人なんですがデザート作り苦手なんですよね、食べるのは好きなんですけど作るのからは逃げてきました。

仕事でプリンやムースを作ってはいましたがあまり好きではなかったんです。

なので恥ずかしながら今までアイスクリームを作ったことがありませんでした。

今回のチョコミントアイスが人生初のアイスクリーム作りです!

初めはみなバニラアイスを作るんでしょうけど

「知るかっ!どうせ作るならチョコミントアイスじゃ!!」

ということで料理のレシピよりヘタクソですけど自分なりに調べて作ってみました。

作り方の途中と最後に、反省と改善案を散りばめていますので小馬鹿にするか参考にするかしてやってください!

長々と能書きを垂れましたが作り方です↓

材料と必要な器具

  • 生クリーム(35%) 100cc
  • 砂糖 小さじ2
  • 牛乳(無調整) 300cc
  • 卵黄 3個
  • はちみつ 40g
  • ミントリキュール 大さじ3
  • ミントの葉 10g(今回はスペアミントを使用)
  • 焼き菓子用チョコチップ 20g
  • ボール 2つ
  • ホイッパー(ハンドミキサーがあるとうれしい!)
  • 小さな手鍋
  • ミキサー
材料一覧

下ごしらえ

ボールに生クリーム100ccと砂糖を小さじ2杯入れ、8分立て(角がツンと立つくらいの固さ)まで泡立て、冷蔵庫で冷やしておきます。

100均のホイッパーで乳脂肪35%の生クリームを8分立てにするのは両腕がつる程大変でした(笑)

ハンドミキサーを使うか、45%以上の生クリームを使うかした方がよさそうです。

生クリームを8分立てにしたところ

ミントを葉と茎に分けます。

使うのは葉っぱだけです、黒ずんだ葉も茎と一緒に捨てて下さい。

ちなみにレシピの分量にミントの葉10gと書いていますが1パック全て掃除したらほぼ10gでしたので参考までに。

さて、僕がチョコミントアイスを作るにあたって調べたレシピのほとんどがペパーミントを使っていたんです。

僕もペパーミントを使おうと思って近くのスーパーに行ったらスペアミントしか置いてませんでした、しかも傷んでいる葉っぱが多い気がする(泣)

ミントはミントなのでとりあえず今回はスペアミント作りました。

味の感想は後半に述べます!!

スペアミントを葉と茎に分けたところ

焼き菓子用のチョコチップですが、そのまま使うには粒が大きすぎると思ったので更に包丁で刻んでおきます。

ミントの相方として味の決め手になると思うので好みの板チョコを刻んでもいいのかなと思っています。

今回は初めてということで手軽な製菓用チョコチップでいきます!

焼き菓子用チョコチップを包丁で更に細かくしたところ

生地作り

牛乳300ccを手鍋に入れ、弱火にかけて沸騰直前まで温めます。

弱火で時間をかけて温めますのでその間に別の作業をしていきましょう!

牛乳を手鍋に入れ弱火で沸騰直前まで温めているところ

ボールに卵黄を3つ入れます。

卵白は使いませんので別容器に入れて何か他の料理かお菓子に使ってください。

ちなみに僕はかきたま汁に使いました、白くて奇妙なかきたま汁ができましたとさ(笑)

卵を卵黄と卵白に分けたところ

卵黄が入ったボールにはちみつを40グラム加え、白っぽくなるまでよく混ぜて下さい。

余談ですがこの作業をフランス語で『ブランシール』と言い、卵黄に空気を含ませ、卵臭さなくす効果があります。

デザート作りから逃げてきた僕ですがコックさん時代に教わって知っていましたので数少ないお菓子作りの知識として披露させていただきました(笑)

卵黄の入ったボールにはちみつを40g加えたところ
はちみつと卵黄を白っぽくなるまで泡立てたところ

ミキサーにミントの葉とミントリキュール大さじ3を入れておきます。

ミキサーにミントの葉とミントリキュールを入れたところ

牛乳が沸騰直前になったら火を止めて、『ブランシール』した卵黄に少しずつ、ホイッパーでよく混ぜながら全て加えます。

この後ミキサーにかけるので粗熱が取れるまで少し放置して下さい。

白っぽくなるまで泡立てた卵黄に沸騰直前まで温めた牛乳を少しずつ混ぜながら加えたもの

粗熱がとれたらミキサーにかけます。

大抵のミキサーにフラッシュボタンがあるので、まず3回「ヴィン、ヴィン、ヴィン」と粗く砕いてから、弱➡強とレベルを上げて1分以上回し続けたら大体きれいに混ざると思います。

ミキサーに粗熱のとれた生地を入れたところ

ミキサーにかけたらボールに戻し、今度は冷蔵庫、急ぐなら冷凍庫で冷たくなるまで冷やします。

この後初めに泡立てたホイップとチョコチップを合わせるので温かいと溶けてしまうためです!

ミキサーにかけた生地をボールに移したところ

ミキサーにかけた液体が冷たくなったら、ホイップクリームとチョコチップを合わせます。

完全に冷ました生地と8分立てのホイップとチョコチップを刻んだもの

俄然チョコミント感が出てきましたね!

でもちょっと色が薄いような・・・。

スペアミントとミントリキュールだけじゃ色がでないのかな?

まぁいいや、記事ができたので冷やし固めたいと思います!!

冷やし固める前のチョコミントアイスの生地

冷やし固まるまで

調べたところアイスリームはただ冷凍庫に入れて放置したでけでは氷のように固くなってしまうそうです。

混ぜて空気を含ませながら冷やし固めると口当たりの軽い仕上がりになるんだとか。

我が家にはアイスクリーマーなんて当然ないので『ザ・手動』でいきます!

今回は生地をボールごと冷凍庫に入れて30分ごとに撹拌してみました。

4時間後・・・

おっ、なんかアイスっぽくなってきたぞ!

生地を冷凍庫に入れ、30分おきに混ぜ4時間経過したところ

更に2時間後・・・。

なんかザラザラになってきた気がする。

これ以上様子が変わらなそうなんでタッパーに移して寝ます!

ちょっと飽きてきました(笑)

生地を冷凍庫に入れ、30分おきに混ぜ6時間経過したところ
タッパーに移されたチョコミントアイス

翌朝・・・。

子供たちと食べてみました。

長男と長女はおいしかったみたい、次男はまずくはないけどあんまりだった様子。

器に盛られたチョコミントアイス

自分で食べてみた感想と改善点

では自分で食べてみた感想を述べたいと思います。

たっぷり一口頬張って頭の中に浮かんだこと

  • 「あぁ!ちゃんとチョコミントの味になってる!けど少し甘さ控えめ。」
  • 「シャリシャリ感があって滑らかさにかけるかな?コクも足りない」
  • 「ミントのスースーする清涼感はしっかり出ている!かすかに苦味もでているかも、次男はこれがやだったのかな?」
  • 「チョコチップの量はちょうどよさげ」
  • 「てゆーか見た目が汚ぇ、少しは着色するべき!」
  • 「まぁ、これはこれでおいしいし、初めてにしては上出来ということにしておこう!」

です。

まず、甘さが控えめなのは砂糖かはちみつの量を増やしたらいいので解決です。

次にシャリシャリしてコクがないという点に関してはおそらく乳脂肪の量が少ないためと考えました。

正直に申しまして、スーパーで生クリームを購入した時にケチってしまいました。

35%の生クリームが100ccという使い切りサイズで売っていて、45%の生クリームより大分安いので家庭で使うには十分と思ってしまったんです、なめていました。

しかも泡立てるのもめっちゃ大変😨

次回は45%の生クリームを200cc、牛乳200ccの比率で作りたいと思います。

次にミントの清涼感とかすかな苦味についてです。

スースーした清涼感は丁度よかったのでミントの葉の量とミントリキュールの量は間違ってないと思うんですが、ペパーミントが売ってなかったのでスペアミントを使ったことが気になります。

ペパーミントとスペアミントの違いについて調べてみました。

ペパーミント:スーっとする強い清涼感とピリッとした刺激のあるフレーバーを持つ

スペアミント:ペパーミントより香りも味も穏やかで、ソフトな清涼感と甘さの中に、青臭い苦みを感じる

やっぱりスペアミントには苦みがありました、次回はちゃんとペパーミントを使おうと思います!!

チョコチップの量は丁度いいと思ったのでこのままでOK!

次に見た目が汚ぇことについてです。

ミントの葉とミントリキュールだけで自然に色付くと思っていたんですが無理でした。

やっぱ鮮やかチョコミントカラーにしたい!!

鮮やかなチョコミントアイス

ということで次回はほんのちょっぴりだけ緑と青の食用色素を使うことにします。

改善点をまとめ

  • 砂糖とはちみつの量を増やす
  • 45%生クリームを牛乳と1:1の比率で使用する。
  • スペアミントではなくペパーミントを使う
  • 緑と青の食用色素を少量入れる

今回作ったものもそこそこおいしかったですし、初めて大好きなチョコミントアイスを作れたので満足しています☆

今までデザート作りから逃げていましたがチョコミントアイス作りは極めたいと思いましたので近々、改良版レシピをお届けしたいと思います!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加していますのでよろしければポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村